After Effects

ヘルプ: After Effectsで作成した映像をDVDで再生できるようにする方法

個人制作した映像や家族、友達の結婚式披露宴用の映像等をAfter Effectsで作成したけどDVDに焼き込む方法がわからないという方に向けた作業手順を紹介します。

スポンサーリンク

After EffectsはDVD再生用の形式を作成できない(オーサリングソフトではない)

After Effectsではじめて映像制作をした方によくある勘違いですが、After EffectsはDVD形式を作成することはできません。映像制作ソフトであってDVDを作成する為のソフトではないからです。後程でてきますが、DVDの作成にはDVD用のオーサリングソフトというものが必要です。映像やメニュー、チャプター等を1つにまとめてDVDプレイヤーが読み込み、再生できる形式に出力してくれるソフトウェアです。

AdobeのDVDオーサリングソフト「Adobe Encore CS6」

After Effectsを使用して映像制作をしているならDVD、Blu-rayのオーサリングソフトもAdobe製でまとめると便利です。Adobeでは、DVDのオーサリングソフトとして「Adobe Encore CS6」を提供しています。

CS6のバージョン表記で察してしまった方もいらっしゃると思いますが、Adobe Encoreの開発はバージョンCCより1世代前のCreative Suite(クリエイティブスイート)の略であるCSシリーズの最終バージョンCS6で開発が終了しました。その為、CCシリーズでAfter EffectsやPremiere Proを購入した方は、別途、Adobe Encore CS6をインストールする必要があります。

Adobe Encoreは、Adobe After Effectsではなく、映像編集ソフトのAdobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)に付属するソフトです。

Adobe Creative Cloudを購入、契約しているユーザーかAdobe Premiere Pro CCを単品購入していれば、Adobe Premiere ProとAdobe Encoreの下位バージョンを無料でインストールすることができます。

Adobe Encore CS6をインストールする

先の章でも説明しましたが、Adobe After EffectsではDVDを作成することはできません。DVDオーサリングソフトが必要になります。

実際にAdobe Encore CS6のインストール方法を解説していきます。

  1. Adobe Managerを開きます。
  2. Adobe Managerの「App」タブを開きます。
  3. 「フィルタとバージョン」から「以前のバージョン」を選択します。
  4. 「Premiere Pro」の「インストール▼」プルダウンボタンから「CS6 (6.0)」を選択します。
  5. インストールが完了すればOKです。

これでDVD化するためのソフトはそろいました。ここからはAdobe Encore CS6を使用してAfter Effectsで作成した映像をオーサリングしていきます。Adobe Encore CS6ではDVD用メニューなど細かな設定もできますが、今回は省略してDVD化させる方法のみ解説していきます。

DVDオーサリングの前にやる事

Adobe Encore CS6をインストールしてオーサリングの準備はできましたが、DVDに収録する映像をAfter Effectsから書き出さなくてはなりません。通常の場合はQuickTime形式で書き出しを行えばOKです。

After Effectsがインストールされているパソコンであれば、おそらくQuickTimeもインストール済みかと思いますが、まだであれば「QuickTime(クイックタイム) for Windowsのインストール方法」を参考にQuickTimeをまずはインストールしてください。

すでにQuickTimeがインストール済みでAfter Effectsの用意もできている方は、「After Effectsで映像を書き出す際のおすすめレンダリング設定方法」で紹介している「設定1: Quicktime フォト – JPEG (品質95%)」の設定で作成した映像を書き出しておいてください。

Adobe Encore CS6でのDVDオーサリング

After Effectsから作成した映像の書き出しが終わったら、いよいよAdobe Encoreでのオーサリング作業です。

  1. Adobe Encore CS6を起動します。
  2. 「新規プロジェクト」を選択します。
    2654_001

  3. 新規プロジェクトの設定を行います。名称がファイル名になります。保存先はデスクトップか作業フォルダにします。
    2654_002

  4. ファイル -> 読み込み -> アセット [Ctrl+I]からAfter Effectsから書き出した映像データを選択します。

  5. タイムライン -> 新規タイムライン [Ctrl+T]からタイムラインを追加します。
  6. プロジェクトパネルから新規作成したタイムラインに読み込んだ映像を挿入(ドラッグアンドドロップ)します。
  7. ビルドパネルを開き、形式を「DVD」、出力を「DVD イメージ」、保存先を指定します。
  8. ビルドボタンを押します。
  9. 「プロジェクトをチェック」というウインドウが開きますが、「無視して続行」ボタンを押します。
  10. 指定した保存先にISO形式のディスクイメージファイルが作成されます。

※9でチェックした際にエラーが出ないようにするのが理想です。DVD化を最短で目指す方法を紹介しているので詳細はまた別記事で紹介したいと思います。DVDメニューやDVDチャプター等しっかりと作りこみたい方は以下の書籍がおすすめです。Premiere Pro CS6の解説書ですが、Adobe Encore自体がPremiere Pro付属のソフトウェアなのでCS6の書籍がおすすめです。

ISOイメージをディスクに焼く

あとはDVDディスクに作成したISOイメージファイルを焼きこむだけです。ISOイメージを焼くディスクは、AmazonでDVD-Rと検索して出てくるものを使用すればOKです。自分はTDKとかそのあたりのメーカーを使用しています。

  1. パソコンのディスクドライブに新品のDVDディスクを入れる。
  2. 作成したISOファイルを右クリックして、プログラムから開く -> Windows ディスク イメージ書き込みツールを選択します。
  3. 書き込みボタンを押します。
スポンサーリンク

コメント

  1. KMYR より:

    アフターエフェクトを再度始めた者です。
    役立つ情報をありがとうございます。
    「DVDで再生する方法」の記事が01.Adobe Managerからで途切れています。続きを読みたいのですが…
    Headの黒いものもがブラウザの半分を覆っており、読みにくいなーと思っています。できましたら改善をお願いします。

    1. ochiaimitsuo より:

      コメントありがとうございます。
      DVDで再生する方法の投稿を加筆修正いたしました。ウェブサイトデザインは固定ヘッダーを解除いたしました。
      お役に立てれば幸いです。

コメントを残す